スキルアップ転職フォーラム

転職に、就職に。スキルをつけてキャリアアップ!

スキルアップ転職フォーラム

最新記事一覧

スキルアップ転職フォーラム

「能力、技能」という意味で使われる「スキル」という単語を耳にすることが多いですね。「スキルを身につける」、「スキルアップ」、「ヒューマンスキル」、「テクニカルスキル」、「コミュニケーションスキル」など、あらゆる場面でスキルという言葉が使われ、就職や転職などビジネスシーンでもスキルが重視されます。訓練して身につけるスキルもあれば、意識するだけで身につくスキルもありますが、どういうスキルを身につけるかを考えることも大切です。

スキルアップを目指す方へ

昨今では資格が流行する世の中であり、社会人になっても様々なキャリアアップやスキルアップを目指す人が少なくありません。しかし本当に自分の将来像をしっかりと思い描いた上で挑戦するのでなければ、チグハグな結果に終わってしまう恐れもあります。まずは具体的に5年先、10年先の自分というものを思い描いてみることです。そしてそこから逆算して、いつまでに何を実現しなければならないのか、という計画を立てるのです。そこには自分の努力で獲得することが出来るものもあれば、周囲の協力を求める必要のあるものもあります。それぞれを見極めて、効率よく計画を進める必要があります。

スキルアップ転職を成功させるには

スキルアップやキャリアアップの手段のひとつが転職です。今の職場環境ではキャリアが停滞するという不安、今以上のスキルアップが期待できないという不満などから、転職する人が増えています。そのような前向きな転職を成功させるために知っておきたいポイントを紹介します。自分としてはスキルアップを目的とする転職であっても、採用側は即戦力を求めているということを理解しておくことがポイントです。応募先の企業が今どういうスキルを求めているのか、今の自分はそれにどう応えることができるのか、将来的にはどこまでいきたいのかということをきちんと整理しましょう。

求められるビジネススキル

転職やキャリアアップの鍵を握る要素のひとつがスキルです。スキルは、様々な分野や種類に分類されます。まず特定の分野で発揮される技能を「テクニカルスキル」と呼びます。狭義ではエンジニアのプログラミングスキル、事務職であれば簿記やオフィスソフトに関する知識などがこれにあたります。テクニカルスキルは広い意味では業務遂行能力全般を指し、ビジネスマナーのレベルや思考力などをさす場合もあります。その他の分類として、コミュニケーションや交渉力などをさすヒューマンスキルや、コンセプチュアルスキルなどについて紹介します。

業種別おすすめ転職サイト

転職成功への第一歩は、求人探しから始まります。求人情報の探し方は色々とありますが、探す場所によって見つけられる求人情報も異なります。Webの求人サイトで転職先を探す人も多いと思いますが、「どの求人サイトで探すか」も転職の成否をわけるポイントになります。大手求人サイトだけを見ていても見つけられない求人情報をどこで見つけてくるかが、転職成功の秘訣です。求人探しには目的に合わせた転職サイトを活用しましょう。転職でスキルアップを実現するための具体的なテクニックとして、業界別のおすすめ転職サイトを紹介します。

おすすめ記事情報

ヒューマンスキル(対人関係能力)

人間関係を良好に築くための自己表現力、アサーション、対人関係力といったヒューマンスキルは、ビジネスの上でも大きな価値があります。互いに立場も利益も異なる者同士にとって、意見の衝突はつきものです。そこでそれをどう乗り越えるのかという交渉の場面では特に、相手の立場を考えながら、自らを適切に表現し、決してあやふやに誤魔化してしまわないことが大切です。そしてお互いの主張を吟味して、決して目的からブレずに、冷静沈着に妥協点を探る柔軟さが求められるのです。小手先だけで調子を合わせようとしても、決して上手くは行きません。

テクニカルスキル(業務遂行能力)

ビジネスには様々な制限があり、その限られた資源で仕事を完成させなければなりません。そのため無駄のない、効率的な業務遂行が望ましいのです。仕事に関わるのは一人だけではなく、組織として結果が求められるため、まずは責任感があって最後まで仕事をやり遂げる姿勢が大切です。そして指示待ち人間ではなく、自らの頭で考えて行動できなければなりません。また組織の一員として特に外部に対して、自分が良くも悪くも印象づけてしまうということを肝に銘じなければならず、ビジネスマナーは重要です。これらを兼ね備えることが、テクニカルスキル、すなわち業務遂行能力なのです。

求められているスキルを見極める

新卒時と異なり、転職時には転職希望者にも一定の社会人経験がありますし、求人企業も即戦力を求めるのが普通です。企業が自前で人を育てる余裕がないといった事情から、中途採用に積極的な場合、実務経験年数や資格について条件が付される例もあります。それは現場における必要最低限のレベルを示したものであり、従って勤めながら教えてもらおうなどといった安易な考えは通用しません。その一方で自分の実力が通用するか不安であっても、まずは客観的な目でキャリアの棚卸しをすることです。案外相手企業では高く評価されるような、経験やスキルがあるかもしれません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2015 スキルアップ転職フォーラム All Rights Reserved.